ブックメーカーは違法なのか?

オンラインカジノ

2016年3月にオンラインカジノをプレイしたとして初めて逮捕者が出ました。

これまでオンラインカジノは法的規制が非常に曖昧で、巷では「グレーゾーン」と言う言葉が飛び交っていましたが、今回の初めての逮捕で驚かれているプレイヤーもいるのではないでしょうか。

今回、なぜ逮捕に至ったのか?

この疑問に対して私なりに様々な情報を集めました。その結果としては、今回プレイしていたオンラインカジノ「スマートライブカジノ」は拠点こそ英国に置いていましたが、ディーラーがすべて日本人で、さらにはチャット(会話)なども日本語で行われていました。また、営業時間も日本の夕方から夜中にかけて限定的に営業をされていたことから、明らかに日本人のためだけのサービスを提供していたという判断が下されたようです。したがって、オンライン上でありながらも、違法賭博とみなされて今回の逮捕につながってようです。

また、警察の本来の狙いはオンラインカジノ側である「スマートライブカジノ」を摘発したいという見方もあります。

では、bookmaker(ブックメーカー)はどうなのか?

スポーツベッティングの様子

基本的には今回のオンラインカジノのように明らかに日本人だけを狙ったブックメーカーがもしかして存在して、そのブックメーカーでベッティングを常習的に続けていれば、違法行為としてみなされる可能性はゼロではないと思います。しかし、多くのブックメーカーは基本的にイギリスなどの英語圏を対象にサービスが提供されており、また海外政府(国)からライセンスを受けて合法的に運営されているため、その可能性は低いのではないかと思われます。あくまで私見ですが。

イギリスの老舗ブックメーカーでロンドン証券取引所に上場している「William Hill」(ウィリアムヒル)によると、今回のオンラインカジノでの逮捕を受けて特にサービスを変更したり、日本から撤退することなどはないとのことです。それはそうですね。別に日本だけ特別に何かをしているわけではありませんし、また日本においてインターネットに関する規制を受けることなどないわけですから。

日本にもカジノがやがてやってくるでしょう。インターネットにおける法規制もカジノ解禁と合わせて明確にしていくことが必要なのではないかと思います。